宮城県信用保証協会
利用企業者数 18,736企業
保証債務残高 3,062億円
平成29年3月31日現在
コンプライアンス態勢
個人情報の取扱い
保証協会の概要
保証をご利用できる方は
利用メリット
はじめての信用保証
主な保証制度
経営相談したい
開業・起業したい
専門家による経営改善指導を受けたい
売掛債権又は棚卸資産を有効に活用したい
売上ダウンや取引先倒産等になった場合
緊急時に備え保証の予約をしたい
経営診断サービス(MSS)
信用保証協会団体生命保険制度
採用関係
「中小企業の会計に関する指針」に基づく保証料割引の見直しについて
中小企業会計割引制度について
中小企業会計割引制度は、「中小企業の会計に関する指針」(以下「中小指針」という。)に準拠して作成される中小企業の計算書類について、税理士、税理士法人および公認会計士(以下「税理士等」という。)により中小指針の準拠を確認するチェックリストが提出された場合において、信用保証協会の保証料率0.1%の割引が認められる制度です。
※本制度は、中小企業の会計の質の向上を通じた中小企業金融の円滑化を目的とし、税理士等が中小企業の計算書類が中小指針に準拠していることを確認することによって、信用保証協会の審査コストが低減することが期待できることから実施されたものです。
会計割引制度の適用は、平成18年4月の制度創設時では、チェックリストの添付によって認められ、平成19年4月の制度見直し後では、チェックリスト中の15項目のうち1項目以上の準拠によって認められることとされていました。
見直しについて
制度開始から6年を迎え、中小企業の会計の質の向上を促す効果を高め、制度の適正化を図るため、以下の見直しが行われました。
1. チェックリストの全部準拠
1)信用保証協会は、チェックリストの全15項目全てが中小指針に準拠していることをもって会計割引制度を適用します。
※ただし、当該中小企業が保有しない資産の項目については除外します。
2)チェックリストの全15項目について中小指針に準拠している旨の記載があるにもかかわらず、故意・過失を問わず事実と異なる記載が認められると信用保証協会が判断する場合は、会計割引制度の利用を認めないこととします。
2. 事実と異なる記載に対する一時利用停止措置
故意・過失を問わず事実と異なる記載と保証協会が認めるチェックリストが、複数回にわたり同一の税理士等から提出された場合において、当該税理士等から提出されるチェックリストの添付をもって、計算書類の信頼性向上に寄与することが認められないと保証協会が判断するときは、当該税理士等が確認したチェックリストについては、会計割引制度の利用を1年間認めないこととします。
スケジュール
上記運用の変更は、平成24年4月1日から行います(平成24年4月1日以降に終了する事業年度の計算書類より適用します。)。
※この見直しは、平成23年4月1日から行う予定でしたが、平成23年3月11日に発生した東日本大震災発生直後の混乱を踏まえ、一年間後ろ倒して行うものです。
平成24年4月改訂版
「チェックリスト」はこちら 
「中小企業の会計に関する指針」の適用に関するチェックリスト(PDF)
このチェックリストのほか日本税理士連合会で作成しているチェックリストもご利用いただけますが、担当税理士の方の個人情報の取扱いに関する同意書の添付が必要です。
Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためにはアドビ社のAcrobat Readerが必要になります。 Acrobat Readerは、アドビ社のホームページ等で無償で配布されています。
Copyright (c) 2006-2012 Miyagi Guarantee. All Rights Reserved.
文字サイズ_小 文字サイズ_中(標準) 文字サイズ_大