宮城県信用保証協会
利用企業者数 18,736企業
保証債務残高 3,062億円
平成29年3月31日現在
コンプライアンス態勢
個人情報の取扱い
保証協会の概要
保証をご利用できる方は
利用メリット
はじめての信用保証
主な保証制度
経営相談したい
開業・起業したい
専門家による経営改善指導を受けたい
売掛債権又は棚卸資産を有効に活用したい
売上ダウンや取引先倒産等になった場合
緊急時に備え保証の予約をしたい
経営診断サービス(MSS)
信用保証協会団体生命保険制度
採用関係

資金繰り円滑化借換保証

ここがポイント!!
保証付きの既往借入金の借換え及び当該借換えに伴う新たな事業資金に対する保証を受けることにより、月々の返済額の軽減及び資金調達の円滑化等を図ることができます。

特別保証(中小企業金融安定化特別保証)の借換


保証の要件

(1) 資格要件
 1.保証申込時点において、特別保証に係る既往借入金の残高があること。
 2.セーフティネット保証を利用する場合は、適切な事業計画を有していること。
 3.セーフティネット保証を利用する場合は、市区町村長の認定書(セーフティネット保証に係る認定書)を有すること。
(2) 保証限度額
特別保証に係る既往借入金の残高を限度とします。
(3) 対象資金
特別保証に係る既往借入金の返済資金とします。
(4) 貸付形式
証書貸付とします。
(5) 保証期間
原則として10年(据置期間1年以内を含む)以内とします。
(6) 返済方法
原則として均等分割返済とします。
(7) 信用保証料率
○セーフティネット保証(1号〜6号)年0.84%以内
※割引適用あり(有担保割引は適用されません)
○セーフティネット保証(7号、8号)責任共有保証料率 年0.72%以内
※割引適用あり(有担保割引は適用されません)
○一般保証 リスク考慮型料率(責任共有保証料率)年0.45%〜1.9%
※割引適用あり
(8) 担保・保証人
原則として、本制度の利用により返済する特別保証に係る既往借入金の保証条件に比べて中小企業者の不利にならない保証条件とします。
(9) 貸付金利
金融機関所定利率とします。

一般保証とセーフティネット保証の借換

セーフティネット保証による借換

保証の要件

(1) 資格要件
 1.保証申込時点において、一般保証又はセーフティネット保証に係る既往借入金の残高があること。
 2.適切な事業計画を有していること。
 3.市区町村長の認定書(セーフティネット保証に係る認定書)を有していること。
(2) 保証限度額
2億8千万円(組合の場合は4億8千万円)以内
(3) 対象資金
保証付きの既往借入金の返済資金のほか、(1)2.の事業計画の内容に応じて、当該返済資金以外の事業資金(新規の融資分)を含めることができるものとします。
(4) 貸付形式
証書貸付
(5) 保証期間
原則として10年(据置期間1年以内を含む)以内とします。
(6) 返済方法
原則として均等分割返済とします。
(7) ○セーフティネット保証(1号〜6号) 年0.84%以内
※割引適用あり(有担保割引は適用されません)
○セーフティネット保証(7号、8号)責任共有保証料率 年0.72%以内※割引適用あり(有担保割引は適用されません)
(8) 担保・保証人
原則として、本制度の利用により返済する保証付きの既往借入金の保証条件に比べて中小企業者の不利にならない保証条件によるものとします。ただし、保証人については原則として法人代表者以外不要とします。
(9) 貸付金利
金融機関所定の利率とします。

保証の要件

(1) 資格要件
その他の保証条件〓資格要件、保証限度額、対象資金その他の保証条件に関しては、それぞれの類型の保証における保証条件によるものとします。
(2) 貸付形式
証書貸付
Copyright (c) 2006-2012 Miyagi Guarantee. All Rights Reserved.
文字サイズ_小 文字サイズ_中(標準) 文字サイズ_大